近年の広告郵便の定番になってきている圧着はがきとは?

DM

広告郵便で圧着ハガキを利用すればたくさんの情報を提供できる

切手が貼られたハガキ

様々な形の広告宣伝の方法がありますが、直接本人に届けられる方法として利用率が高いものと言えば広告郵便です。ダイレクトメールなどがその一例で、ターゲットを絞った宣伝や情報提供を効率よく行うことが可能です。そんな広告郵便で最近注目が高まっている方法は、圧着ハガキの活用です。これは専用の接着方法で折り曲げてハガキサイズにできる方法で、内面にも印字ができるためたくさんの情報を提供できるメリットがあります。
一般的なハガキでは裏面のみの情報量になりますが、圧着ハガキを利用すればその数倍の情報を提供できます。広告郵便としては画期的な方法で、既にたくさんの企業やお店に利用されています。広告郵便で、そのようなハガキを見たことがある方も少なくないはずです。もしたくさんの情報を提供したい場合は、圧着ハガキの採用を検討してみては如何でしょうか。
このハガキの作成は業者に依頼すれば、印刷から圧着など全て対応してくれます。まずは圧着ハガキの専門業者を、ネットで探してみると良いでしょう。ハガキのサイズや圧着方法などは種類が色々ありますから、個々の情報量や予算に合わせて選ぶことが可能です。ネットから注文できる業者もたくさんありますから、気軽に比較検討してみてください。